2006年度 兵庫県立図書館「子ども読書の日」の行事

※「子ども読書の日」は4月23日です。

2001年12月12日、「子どもの読書活動推進法」が公布され、4月23日が「子ども読書の日」と制定されました。この日、県立図書館では"特別イベント"を実施します。
県立図書館では、平成14年度から「ひょうご"本だいすきっ子"プラン」を実施し、子ども読書活動の推進に向け精力的に取り組んでいるところです。今年のイベントもみどころがたくさんあります。

☆今年のみどころ
@参加者は、「読み聞かせ」,パネルシアター,ストーリーテリング,ブックトーク等、様々な読書技法を楽しめる。
A県立図書館の読書ボランティア養成講座(ストーリーテリング中級講座)修了者の実践の場になる。
B「子ども読書」に関心を持つ人たちにとっては研修の場になる。

◇イベントタイトル
「本のレストランへようこそ〜フルコースをめしあがれ♪〜」

内容 「読み聞かせ」・パネルシアター・ストーリーテリング・ブックトークの体験
日時 2006年4月23日(日) 13:30〜16:30
場所 兵庫県立図書館
費用 無料
対象 中学生以下の子どもとその保護者、「子ども読書」に関心ある人も歓迎します。
申込 30組(80人)程度。電話・FAXで受付
電話の方078-918-3366まで
ファクシミリの方は住所,参加者氏名,電話番号・「本のレストラン希望」を明記の上、078-918-2500
可否:申し込み多数等で参加不可の場合のみ連絡させていただきます。

※問い合わせ 078-918-3366(県立図書館協力課)まで。

【当日の日程】
時間 内容 場所・備考
13:00〜 受付 1F玄関ロビー
13:30〜 第1部はじめの会 第2研修室
13:40〜14:40 第1部<「読み聞かせ」・パネルシアター>
「読み手」:山本 淳子先生(大阪YWCA子ども図書室・梅花女子大学非常勤講師)
第2研修室
休憩
15:00〜16:00 第2部<ストーリーテリングとブックトーク>
「語り手」:子ども読書ボランティア養成講座修了者と当館職員
第2研修室
16:00〜16:30 希望に応じて、館内見学など
*語句の説明
「読み聞かせ」 読み手が子どもたちに絵を見せながら、絵本をよみます。
パネルシアター 毛ばだちのよい布を貼ったフランネルボードにPペーパー(不織布)に描いた絵を貼ったりはがしたりして展開するお話や歌あそびです。
ストーリーテリング 読み手が昔話や創作のお話を覚えて、子どもたちの前で語ります。子どもたちは、聞いた物語の世界を自由に想像して楽しむことができます。
ブックトーク ある1つのテーマにそって何冊かの本を選び出し、さし絵を見せたりその本の一部を読んだりして、それぞれの本を紹介します。読んでみたい、と思う本に出会うかも。