兵庫県立図書館

「子ども読書」教養講座
趣旨  「子ども読書」への関心がますます高まっている中、県内各地で公共図書館・公民館・学校等で、子どもたちにお話を語る読書ボランティアが数多く活動している。今回、読書ボランティアの資質向上を目的に本講座を実施する。
主催 兵庫県立図書館
対象 県内公共図書館・公民館等職員、読書ボランティア等関係者、子ども読書に関心のある一般県民
テーマ 江戸期の子ども絵本を楽しむ −狐の出てくる作品−
(現代の日本では多くの絵本が楽しまれている。その源である江戸時代の絵本を実際に読み、豊かな江戸の子ども文化を味わう。)
講師 加藤 康子 先生(梅花女子大学 文化表現学部児童文学科教授)
期日 平成20年2月15日(金)14:00〜15:30(受付 13:.00〜)
会場 兵庫県立図書館 第2研修室
募集人数 50人(先着順に決定し、受講できない場合のみ通知します。)
参加申込 「参加申込書」に必要事項を記入し、FAXまたはE-Mailでお申し込み下さい。
「はがき」での申込は、 「教養講座希望」、住所、氏名、電話番号をご記入下さい。
※電話による申込には応じておりませんので、ご了承ください。
必要な方をご利用下さい。 参加申込書(エクセル版) 参加申込書(PDF版)
10 (申込先) 〒673-8533 明石市明石公園1-27
  兵庫県立図書館 協力課 「子ども読書」教養講座係
    TEL(078)-918-3366  FAX 078-918-2500
    E-Mail kyoryoku@library.pref.hyogo.jp