9パレスチナの歴史レキシ
31サツ
No. 書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
1 中東軍事紛争史 1:古代〜1945 鳥井 順 著 第三書館 1993 226/10/1
2 中東軍事紛争史 2:1945〜1956 鳥井 順 著 第三書館 1995 226/10/2
3 中東軍事紛争史 3:1956〜1967 鳥井 順 著 第三書館 1998 226/10/3
4 中東軍事紛争史 4:1967〜1973 鳥井 順 著 第三書館 2000 226/10/4
5 遥かなる聖都エルサレム:ガラス乾板に残された100年前の聖地   柏プラーノ 2000 227.9/2
6 中東紛争:その百年の相克 鏡 武 著 有斐閣 2001 227.9/6
7 パレスチナ:動乱の100年 エリアス・サンバー 著 創元社 2002 227.9/7
8 パレスチナ分割:パレスチナ問題研究序説 木村 申二 著 第三書館 2002 227.9/8
9 写真記録パレスチナ 1:激動の中東35年 広河 隆一 編著 日本図書センター 2002 227.9/9/1
10 イスラエル=パレスチナ民族共生国家への挑戦 ミシェル・ワルシャウスキー 著 柘植書房新社 2003 227.9/14
11 聖書の世界の考古学 A.マザール 著 リトン 2003 227.9/15
12 パレスチナ問題 エドワード・W.サイード 〔著〕 みすず書房 2004 227.9/18
13 パレスチナ:紛争と最終的地位問題の歴史 阿部 俊哉 著 ミネルヴァ書房 2004 227.9/22
14 パレスチナの歴史 奈良本 英佑 著 明石書店 2005 227.9/23
15 中東和平歴史との葛藤:混沌の現場から 中西 俊裕 著 日本経済新聞社 2006 227.9/26
16 カーター、パレスチナを語る:アパルトヘイトではなく平和を ジミー・カーター 著 晶文社 2008 227.9/28
17 収奪のポリティックス:アラブ・パレスチナ論集成1969−1994 エドワード・W.サイード 著 NTT出版 2008 227.9/29
18 イスラエル・パレスチナ聖地紀行:車で巡る歴史の宝庫 小川 秀樹 著 連合出版 2000 292.79/1
19 パレスチナの声、イスラエルの声:現地ルポ  憎しみの“壁”は崩せるのか 土井 敏邦 著  岩波書店 2004 302.27/31
20 パレスチナから報告します:占領地の住民となって アミラ・ハス 著 筑摩書房 2005 302.27/41
21 戦争とプロパガンダ 2:パレスチナは、いま E.W.サイード 〔著〕 みすず書房 2002 316.4/21/2
22 ユダヤ人とイギリス帝国 度会 好一 著 岩波書店 2007 316.8/666
23 ユダヤ人財産はだれのものか:ホロコーストからパレスチナ問題へ 武井 彩佳 著 白水社 2008 316.8/679
24 アメリカの正義病・イスラムの原理病:一神教の病理を読み解く 岸田 秀 著 春秋社 2002 319.2/170
25 イスラエル擁護論批判:反ユダヤ主義の悪用と歴史の冒涜 ノーマン・G.フィンケルスタイン 著 三交社 2007 319.2/242
26 冷戦下・アメリカの対中東戦略:歴代の米大統領は中東危機にどう決断したか ジョージ・レンツォウスキー 著 第三書館 2002 319.5/103
27 中東戦争と米国:米国・エジプト関係史の文脈 鹿島 正裕 著 御茶の水書房 2003 319.5/116
28 中東虚構の和平 ノーム・チョムスキー 著 講談社 2004 319.5/141
29 民族の表象:歴史・メディア・国家 羽田 功 編 慶応義塾大学出版会 2006 389/318
30 物語イスラエルの歴史:アブラハムから中東戦争まで 高橋 正男 著 中央公論新社 2008 X2/1931
31 多神教と一神教:古代地中海世界の宗教ドラマ 本村 凌二 著 岩波書店 2005 X3/4/967