兵庫県立図書館 >  平成23年度イベント・研修案内 > 読書講演会 >  平成23年度の記録

平成23(2011)年読書講演会 

テーマ:児童文学作家〜森はなの世界〜
講師:西尾 眞里氏(森はなの伝記を「NHK朝ドラマへ」の会会長)
開催期日:平成23(2011)年10月29日(土)
会場:兵庫県立図書館1階第2研修室

■森はなとは・・・

朝来市和田山(旧養父郡)出身で、2009年に生誕100年を迎えました。
64歳で『じろはったん』梶山俊夫・絵(1973年 牧書店)を刊行翌年には日本児童文学新人賞を受賞。遅咲きの新人として注目されました。その後も、『もどってくるもどってこん』(1980年・PHP研究所)や『こんこんさまにさしあげそうろう』(1981年・PHP研究所)など、このほかにも多くの児童書を出版しました。

■講演の様子

本講演会では、森はなさんが学校などで読み聞かせをしていた時の「紙芝居の実演」(歌唱付)と当時アシスタントをされていた方が講師として「森はな先生の人となり」を講演いただく、2部構成で行われました。

紙芝居「じろはったん」
曲が流れ、「じろはったのうた」から始まります。
今回の紙芝居は、30分バージョン。
朗読・歌唱とともに紙芝居が進んでいきます。
紙芝居で作品を味わってからの講演は、
森はなさんを身近に感じられるとともに、作品同様の温かい雰囲気で包まれた講演会でした。

去年(2010年)の読書講演会へ


このページの先頭に戻る