兵庫県立図書館 平成24年度イベント・研修案内>図書館利活用講座・ふるさと明石再発見


平成24年度 兵庫県立図書館利活用講座

ふるさと明石再発見

明石は、古くから摂津と播磨の境であり、畿内と畿外の境界の地でした。
それと同時に、「山陽道」や「瀬戸内海」を利用した東西交通のかなめの地であり、さらに淡路や丹波への南北交通の交点でもありました。
交通の要衝として、陸や海を通じて人やもの・情報が行き交った“明石”を再発見しませんか?

12月8日には講座「兵庫の古墳〜明石地域を中心に〜」も開催します。

第1回「宮本武蔵と明石」
開催日:平成24(2012)年12月15日(土)13:30〜15:00
明石の町割りをつくったと言われる宮本武蔵と明石との関係に焦点をあてます。
第2回「境界と交流のまち明石」
開催日:平成24(2012)年12月22日(土)13:30〜15:00
様々な時代に“明石”を行き来した人たちに焦点を当て、境界と交流の地、明石の姿を探ります。

講師:宮本博(兵庫県立図書館館長補佐兼協力課長)

 会場  兵庫県立図書館1階第2研修室
 定員 40人(先着順受付)  どなたでもご参加いただけます。
 参加費 無料
申込方法 電話、FAX、来館等で先着順に受け付けます。
申込み先 〒673-8533 明石市明石公園1番27号
兵庫県立図書館 協力課
電話 078-918-3366(代表)
FAX 078-913-9229
こちらのフォームからも申込みできます

ちらしはこちらをご覧ください