兵庫県立図書館平成26年度イベント・研修案内>開館40周年記念事業


兵庫県立図書館40周年記念・「ひょうご安全の日推進県民会議」助成事業

阪神・淡路大震災から20年という節目を迎え、南海・東南海地震への備えや防災対策の充実が課題となっており、図書館は知の拠点として、それら地域の課題解決支援等の貢献が求められています。
そこで、図書館から「防災」を発信する取組みとして、世界各国で紹介されている「稲むらの火」の原作「生き神」を書き、今年没後110年、来神120年となるラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の作品の朗読をゆかりの地兵庫において上演し、震災の経験と教訓を忘れることなく未来へ継承していきます。

11月 23日(日) 15:00〜17:30 (開場14:30)
出演:佐野史郎(俳優)・山本恭司(ギタリスト)・小泉凡(小泉八雲曾孫
会場:兵庫県公館 (神戸市中央区下山手通4-4-1)
神戸市営地下鉄「県庁前」駅下車すぐ
JR「元町」駅西口から北へ徒歩5分
定員:300名(先着順受付、定員になり次第受付終了します)
入場無料
主催:阪神・淡路大震災20年・県立図書館開館40周年記念事業「未来にツタエル。」実行委員会
協力:小泉八雲110年祭まつえ実行委員会
ちらしは こちら(PDFファイル:2,275KB) をご覧ください

受付を終了いたしました。
多数の方からのお申し込み、ありがとうございました。