兵庫県立図書館平成26年度イベント・研修案内ビデオミニシアター開催予定

平成25年度ビデオミニシアター開催予定へ

平成26年度ビデオミニシアター開催予定

開催日 時間 作品名 内容 備考 特集
4月12日(土)
13日(日)
13:30〜17:01 華麗なる一族 関西金融界の雄、万俵大介は、冷徹厳然たる家父長制度によって一族を仕切っていた。近づきつつある金融再編成の動きに対しても、長女を嫁がせた大蔵省主計局員からの極秘情報をもとに万全の策を練っている。だが、長男鉄平だけは、その出生への黒い疑惑から強いこだわりを捨てきれなかった。その鉄平が、ある時経営者として重大なミスを犯した・・・・・。
原作:山崎豊子 制作:佐藤一郎他 監督:山本薩夫
出演:佐分利信、北大路欣也、月丘夢路、京マチ子他 
1974年
日本
211分
県立図書館40周年
プレイバック’70年代1
(山崎豊子特集)
5月10日(土) 13:30〜15:05

15:40〜17:05
マイ・ウエイ かつてのマラソン選手で現在は建設会社の社長として君臨している男が、三男を事故死で失ったあげく、妻や娘たちに去られてしまう。レースの日、彼は試合に出られない息子たちにかわって自ら出場を決意。その姿を見て妻や娘は再び彼のもとへもどって来る。ヒット曲「マイ・ウェイ」のメロディに乗って、わが道を行く男とその家族のドラマが重厚な語り口で展開されている。
監督:エミール・ノーファール ロイ・サージャント 
出演:ジョー・スチュアードソン、マリー・デュトワ、ケン・リーチ
1975年
イギリス
95分
字幕
県立図書館40周年
プレイバック’70年代2
(家族のあり方特集)
5月24日(土) 13:30〜14:59

15:30〜16:59
大草原の小さな家 Vol.2 「すばらしい収穫」長い旅の末、インガルス一家はプラム・クリークに落ち着いた。緑豊かなこの土地で、お父さんはガラスの窓とスベスベの床、ドアには、鍵のついたすてきな家を建ててくれた。ところが働きづめにだった父さんは、ある日ケガをし、町の悪い商人に「働けなくなった父さんの代わりだ」と言って畑を耕すのに大切な牛をとられてしまう。でも、一家は、おもいもかけないすばらしい収穫をえる。 他一編「わたしの母さん」
制作総指揮:マイケル・ランドン 出演:マイケル・ランドン、カレン・グラッスル他
1979年
アメリカ
89分
吹き替え
6月14日(土) 13:30〜15:22

15:30〜17:22
ボルサリーノ2 1920年代の南部フランスのマルセイユ。フランソワ・カペラの葬式がマルセイユの郊外での墓地でひっそり行われていた。僚友を失ったロッコ・シフレディは悲しみを隠そうとはせず、その表情にはある硬い決意もうかがわれていた。それから三ヶ月後、ロッコはカペラを殺したのはラルティグと知って血で血を洗う抗争がはじまる。
制作:アラン・ドロン 監督:ジャック・ドレー 脚本:パスカル・ジャルダン 出演:アラン・ドロン、リカルド・クッチョーラ、ダニエル・イヴェルネル他
1974年
フランス
112分
字幕
県立図書館40周年 プレイバック’70年代3
(マフィア特集)
6月28日(土)
29日(日)
13:30〜16:50 ゴッド・ファーザー PARTU シチリアからアメリカに渡った若き日のビト・コルレオーネが次第に自分のファミリーを築き上げていく過程と、マイケルが父親以上に強大で現代的なクールさを身につけたドンへと変貌していくさまとをニーノ・ロータの甘美な主題曲が包み込んでいく。
制作・監督:フラシス・F・コッポラ、脚本:フラシス・F・コッポラ、マリオ・プーズォ 原作:マリオ・プーズォ 出演:アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ジョン・カザール他
1974年
アメリカ
200分
字幕
7月12日(土) 13:30〜15:09

15:30〜17:09
青い鳥  貧しい木こりの子供、チルチルとミチルは、帰宅がおくれて母親に叱られ夕食がお預けになる。夜中に家を抜け出して向いの大邸宅のパーティを見に行き、戻ってくると不思議な老婆が、青い鳥を探してほしいと二人に頼む。チルチルとミチルはみんなと思い出の国、夜の宮殿、歓喜の楽園、未来の国を訪ねるが・・・・。
原作:モーリス・メーテルリンク 監督:ジョージ・キューカー 
出演:エリザベス・テーラー、ジェーン・フォンダ、エバ・ガードナー他
1976年
アメリカ・ソ連
99分
字幕
県立図書館40周年
プレイバック’70年代4
(ミュージカル特集)
7月26日(土) 13:30〜15:34

15:40〜17:44
ラ・マンチャの男  ブロードウェイでロングラン・ヒットしたミュージカル、「ラ・マンチャの男」の舞台をそのままアーサー・ヒラー監督がスクリーンに再現。世界中で喝采を浴びた「ラ・マンチャの男」は、名曲「見果てぬ夢」をすっかりポピュラーにした。そして何よりも、「ラ・マンチャの男」は最も風変わりで、最も魅力的なキャラクターを配したファンタジー、かつラヴ・ストーリーなのである。
製作総指揮:アルベルト・グリマルディ 共同製作:ソウル・チャプリン 製作・監督:アーサー・ヒラー 音楽監督:ローレンス・ローゼンタール 出演:ピーター・オトゥール、ソフィア・ローレン、ジェームズ・ココ他
1972年
アメリカ
124分
字幕
8月23日(土)
24日(日)
13:30〜15:52 ジャッカルの日 驚異的なベストセラーとなったフレデリック・フォーサイスの小説「ジャッカルの日」の映画化。そのサスペンスに満ちた展開は、原作に優るとも劣らぬ出来ばえとなった。主演には当時無名に近かったエドワード・フォックスが抜擢され、冷酷な暗殺者像を見事に創り上げている。
製作:ジョン・ウルフ 監督:フレッド・ジンネマン 脚本:ケネス・ロス 原作:フレデリック・フォーサイス 出演:エドワード・フォックス、ミシェル・ロンスデール他         
1973年
イギリス・フランス
142分
字幕
県立図書館40周年
プレイバック’70年代5
(サスペンス特集)
9月13日(土) 13:30〜15:28

15:35〜17:33
追憶 左翼思想に傾倒するケイティーと政治的主義にとらわれない考えを持つハベル。信条が正反対の二人は大学で出逢い、卒業後それぞれの道を進む。第二次世界大戦の最中にニューヨークで偶然再会し、戦後二人は結婚した。ハベルは脚本家となり、ハリウッドで徐々に認められるようになる。しかし、マッカーシズムの時代が幕を開けると、ケイティーの政治思想がハベルの仕事にも影響を及ぼし、二人の仲に亀裂が入り始めた。
脚本:アーサー・ローレン 監督:シドニー・ポラック 出演:バーブラ・ストライサンド、ロバート・レッドフォード、マーヴィン・ハムリッシュ他
1973年 
アメリカ
118分
字幕
県立図書館40周年
プレイバック’70年代6
(シドニー・ポラック特集)
10月25日(土)
26日(日)
13:30〜16:50 ベニスに死す 静養のためヴェネツィア(ベニス)を訪れることにした老作曲家・アシェンバッハ。彼はその道中の船の中で偶然出会った少年・タジオに理想の美を見出し、心奪われる。以来彼は浜に続く回廊をタジオを求めて彷徨うようになるのだが・・・・。ある日ベニスの街中で消毒が始まる。聞き出すと、疫病が流行しているのだという。やがて自らも感染した彼はまるで死に化粧のように白粉と口紅、白髪染めを施し、タジオの姿を求めてベニスの町を徘徊する。
原作:トーマス・マン 監督:ルキノ・ヴィスコンティ出演:ダーク・ボガード、ビョルン・アンドレセン他 
1971年
イタリア・フランス
150分
字幕
県立図書館40周年
プレイバック’70年代7
(トーマス・マン特集)
11月8日(土) 13:30〜15:18

15:30〜17:18
幸福の黄色いハンカチ 1971年に『ニューヨーク・ポスト』紙に掲載されたピート・ハミルのコラム『Going Home』をベースに、寅さんシリーズなど数多くのヒット作を手掛けた山田洋二監督が贈る愛と感動の物語。第1回日本アカデミー賞や第51回キネマ旬報賞など、同年の国内映画賞を総なめにした作品である。 6年の刑期を終え網走刑務所を出るとき、男は妻に手紙を書く。「俺を待っていてくれるなら、庭先に黄色い旗を揚げてくれ」と。
原作:ピート・ハミル 監督:山田洋二 出演:高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり他 
1977年
日本
108分
県立図書館40周年
プレイバック’70年代8
(ロードムービー特集)
12月20日(土) 13:30〜15:10

15:30〜17:10
ある愛の詩 この映画は、「ロミオとジュリエット」のモチーフを現代に移した恋たちのお話。オリバーは門から邸宅まで自動車で1キロ近くも走らなければならない豪邸に生まれ、ハーバード大学のロースクールに通うの秀才。一方ジェニーは、庶民的なイタリア系の娘。家業は、パイ店を経営していて、音楽専攻。オリバーの恋は、当然父に拒否され、学費と生活費の支給がカットされる。ふたりは、大学の教会で結婚式を挙げたが・・・・。
制作:ハワード・G・ミンスキー 監督:アーサー・ヒラー 出演:アリ・マッグロー、レイ・ミランド他
1970年
アメリカ
100分
字幕
県立図書館40周年
プレイバック’70年代9
(身分違いの恋特集)
1月10日(土)
11日(日)
13:30〜15:37 君の名はT 昭和20年5月24日の東京大空襲の夜、数寄屋橋の上で互いに命を助け合った若い二人、もし生きていたら半年後の11月24日の夜、この橋の上で再会しようと約束す事から物語が始まる。青年は、別れ際にふと気がつき「君の名は」と聞いたが、若い女は、必ずくると言う約束だけで名を言わずに立ち去った。半年後の約束の夜、春樹は、彼女を待ったが・・・・・。
原作:菊田和夫 監督:大庭秀夫 出演:岸恵子、佐田啓二、淡島千景他
1953年
日本
127分
放送時間になると、女風呂にお客さんがいなくなったほど有名なNHKの連続ラジオ・ドラマ  
2月7日(土)
8日(日)
13:30〜15:31 君の名はU 傷心を抱いて佐渡から帰郷した春樹は、じっと思い出の数寄屋橋に佇んでいた。真知子に会えた喜びが、真知子と別れる悲しみが、ただ思い出となってよみがえるばかりで、春樹には切なかった。一方忘却を誓いながら春木を忘れられない真知子は、勝則の子を宿して佐渡から引き返してきたが・・・・・・・。
原作:菊田和夫 監督:大庭秀夫 出演:岸恵子、佐田啓二、淡島千景他
1953年
日本
121分
2月21日(土)
22日(日)
13:30〜15:34 君の名はV 落ち葉散る初冬の東京、浜口勝則からの同居請求によって北海道から帰った真理子は伯母の伸江と二人、小料理屋「佐渡」を経営している石川綾の所に身を寄せて、勝則との離婚請求の調停を家裁に申し出ていた。それとは別に、勝則が、後宮春樹を地裁に訴えている事を知った真知子は当分永橋の保護の下に後宮春樹とは会わない条件で勝則の訴訟を取り下げてもらうが・・・・・・。
原作:菊田和夫 監督:大庭秀夫 出演:岸恵子、佐田啓二、淡島千景他
1953年
日本
124分
3月7日(土) 13:30〜15:22

15:30〜17:22
グレン・ミラー物語 スウィング・ジャズの代表的な奏者として挙げられるグレン・ミラー。若い頃の彼は新しい音楽を創り出す悲願を抱き、苦しい生活を送っていた。そんな彼の苦闘時代からヘレンとの結婚、バンドの結成と大成功を経て、空軍に志願し、霧の英仏海峡に消息を立つまでの半生を数々のヒット曲と共に描く。
制作:アーロン・ローゼンバーグ 監督:アンソニー・マン 出演:ジェームズ・スチュアート、ジューン・アリソン、ヘンリー・モーガン他
1954年
アメリカ
112分
字幕
伝記映画特集

ビデオミニシアターは、同じ日に同じ作品を2回上映しています。
ただし長時間作品の場合は1回のみの上映となります。
平成26年度は、試験的に日曜日にも実施します。

会場:兵庫県立図書館試写室(1階)

定員:1回の上映につき先着順に40人(13時より整理券を配布)

参加費:無料

このページの先頭に戻る