話題の本 寒を楽しむ
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 今年の寒の入りは、1月6日です。これから寒の明ける節分まで寒い日が続くことでしょう。でも、寒さに負けずこの時期にしか楽しめないような事にチャレンジしてはいかがでしょうか? そのきっかけとなる本をご紹介します。
      2004.1.6  兵庫県立図書館 調査相談課 
    TEL 078-918-3377(直通)
書          名 著 者 名 当館請求記号 出 版 者 刊年
中谷宇吉郎 X1/31/124-2 岩波書店 1994
 著者は雪の美しさに魅せられ、雪にかかわる観察や実験をした人として有名です。自然をみる目や現象を考える態度、研究成果をやさしい言葉で語り、自然科学の面白さをわからせてくれます。
温泉療養の手帖 第3版 291.09/299 民間活力開発機構 2002
 寒い時には、温泉につかるのが一番。この本は、利用者のニーズ別に全国の「温泉療養の宿」 509を紹介。症状、体調にあわせて温泉を選ぶための基本的知識、温泉療法医・温泉病院一覧なども収録してあります。
餅と日本人 安室 知 383.8/283 雄山閣出版 1999
 お正月にはお餅を食べるものと思っていました。しかし、この本によると元旦に雑煮を食べない地方もあるのです。餅正月と餅なし正月。お餅にまつわる風習に日本の心と文化を探ってみましょう。
日本昔話百選 改訂新版 稲田浩二 ほか 388.1/397 三省堂 2003
 わたしたちの心の奥に生き続ける昔話。日本各地の語り部たちが、幼い魂に呼びかけ、語りの楽しさを伝えています。装幀は、「原爆の図」で有名な丸木位里、俊両画伯です。寒い日には、炬燵に入って昔話の世界に浸ってみませんか? 子どもの頃に、心おどらせたお話がいっぱいです。
検索入門星座 冬 林 完次 443.8/25/4 保育社 1987
 冬の夜空を彩る星座と、それを構成する星々を天体写真、星図、星座データで紹介。マフラーを巻いて、見上げてみましょう。同じ著者で、「星をさがす本」 角川書店刊(443.8-37)がありますので併せてご覧ください。
野外探検大図鑑 塩野米松 460.3/27 小学館 1993
 この本では、その生物がいちばんよく観察できる季節の順に配置されています。冬のコーナーでは、季節と寒風がつくる自然のドライフラワー、越冬昆虫、雪上足跡図鑑、冬の木の芽で遊ぶ、などがあります。
スノーモンキー 岩合光昭 489.9/78 新潮社 1996
 冬の温泉を楽しむ「スノーモンキー」 は、とても評判になりました。雪とたわむれ、元気いっぱいに遊ぶ子猿たち。愛らしくたくましい姿に、何だかほほえましく心癒される一冊です。(ちょうど今年は、申年ですし…)
グランドマア・モーゼス 画集 723.5/18 サンリオ 1986
 1860年生まれの農婦が描く冬。一面の雪景色の中で人々は寄り集まってメープル・シュガー作りに励み、感謝祭を楽しむ。75歳で初めて本格的に絵筆を持ったモーゼスおばあさんの画集です。
全日本スノーボード教程 改訂第2版 日本スノーボード協会 ほか  784.3/81 山と渓谷社 2000
 雪のゲレンデは最高の遊び場。これから始める人から上級者まで、すべてのスノーボーダーに向けて編集された本です。技術の流れを4つのパートに分け、わかりやすく解説しています。あなたもスノボーしてみませんか?
中高年の雪山入門 福島正明 786.1/200 東京新聞出版局 2001
 雪山シーズン真っただ中です。雪山というと危険なイメージがありますが、選ぶ山や目的しだいでは安全で楽しい登山ができます。この本を参考にして雪山にチャレンジし、無雪期には見られない冬ならではの景色を楽しんでください。徐々にステップアップすることもできますよ。
釣りと気象 長久昌弘 787.1/110 成山堂書店 2001
 寒い季節でも釣りに出かける方が多いのではないでしょうか。満潮時の高波やうねり、磯裏に回りこむ波、巻雲などが現れれば要注意。長年の釣り経験に基づく興味深い話をまじえて釣り人のための気象をわかりやすく解説しています。楽しみながら天気図の読み方をマスターしましょう。そして、出かける前は 「釣り仕掛け事典」 東京書店刊(787.1-114)で準備を怠りなく…。
雪を読む 高田 宏 914.5/27 大巧社 1997
 江戸後期の名著、雪の博物誌ともいえる 「北越雪譜」 を下地に、近年急速に変化をとげた雪国の生活や、雪にかかわるさまざまな興味深い事がらについて、親しみをこめて語っている。そして、雪国育ちの人にはふるさと再発見の、非雪国育ちの人びとには日本文化を見直すきっかけにして欲しいと思います。
冬の夜語り シェイクスピア全集 3 932/1/3 筑摩書房 1970
 シェイクスピアの円熟期のロマンス劇。理由なき嫉妬により、死に至るシシリア王妃“ハーマイオニ”。ボヘミアの嵐の海岸に捨てられる赤子“パーディタ”。運命の糸が登場人物をもてあそぶ。あっと驚く結末がまっています。寒い冬が熱く燃えます。
ムーミン谷への旅 949.8/4 講談社 1994
 ムーミンは、寒い寒いフィンランドで生まれました。ムーミンのシリーズを読んだことのある人におすすめの本です。豊富なカラー図版でムーミンの世界が楽しめます。3年前に亡くなったヤンソンさんは、とってもチャーミングな女性です。この本を読みながらムーミンやミイたちといっしょに春のお日さまを待ちましょう。