兵庫県立図書館

話題の本
世界の中心で、・・・をさけぶ

愛する人を亡くすことは、何故に辛いのだろうか。落葉の匂いのするファーストキスにはじまり、死を予感させる無菌状態の中でのキスで終わる。300万部を超える大ベストセラー『セカチュー』。当館の職員が是非読んでいただきたい1冊を、ラブストーリーに限らず、哲学を、自然を、環境問題を、世界の中心で、・・・をさけびながら、みなさんに捧げます。
2005年3月1日
兵庫県立図書館 調査相談課
TEL 078-918-3377(直通)
書名 著者名 当館請求記号 出版者 刊年
日輪・春は馬車に乗って 横光利一  X1-31-75-1 岩波書店 1981
大ヒットした『世界の中心で愛を叫ぶ』は若い恋人たちの話でしたが、こちらは夫婦の話です。「病妻もの」として有名なこの話は三部作になっていますが、その中の『春は馬車に乗って』と『花園の思想』を読み比べてみてください。死にゆく妻との時間の静と動が見事に描かれています。
死に至る病 キェルケゴール 134.6-18 岩波書店 1983
「死に至る病」とは絶望のことである。実在主義哲学の源流といわれているデンマークの哲学者キェルケゴールは、本書において、絶望に陥った人間の心理を奥深いひだにまで分け入って考察しています。
Alasuka風のような物語 星野道夫 295.4-4 小学館 1991
本書は、極北の地アラスカに暮らす野生動物や四季を彩る植物、さらに自然と一体となって生活を営む人々を限りなく優しい眼で捉えた写真文集です。アラスカの風を感じてください。
ヒートアイランドの対策と技術 森山正和編 519-381 学芸出版社 2004
環境問題はいまや多面的な視点で捉える必要があります。昨夏の猛暑も、都会の暑さはヒートアイランドによるところが大きい。その中でも最も寝苦しい大阪と東京の調査研究を中心に、ヒートアイランドのメカニズム現象を緩和する科学的方法とその効果、行政施策について解説されています。緑地の創出、都市の灼熱化を止める具体策などが多角的に紹介されていますので、興味を持って勉強してみてはいかがでしょうか。
モーツァルトの手紙 モーツァルト 762.3-250 岩波書店 1983
この手紙を読んでいると、モーツァルトの音楽を聴くのと同じように、飾りがなく率直で、心から喜び悩み生きているモーツァルトを味わえます。一読をお薦めします。
社会人として必要な「聞く力・話す力」の高め方 高梨敬一郎 809.2-8 こう書房 2003
最近の人の話は、お互いが一方通行に話すだけのいわゆる「おしゃべり」になりがちで、会話が成り立ちにくいといわれています。自らの思いや考えを誤解なく相手に伝えたり、相手の話を正確に理解したりすること、つまり双方向での伝え合いが苦手な人が、多くなっています。本書は、元NHKアナウンサーの著者が、そのために必要な「論理力」「表現力」「理解力」「対応力」を日常的に無理なく高める方法を、具体的な事例を示しながら紹介しています。
ファンタジー・ガイドブック 石堂 藍 902.3-47 国書刊行会 2003
ファンタジーの分野に興味がある。でも、どんな本が面白いのか分からない。そういう時には、この本がお薦めです。評価の高い作品が多く紹介され、解説も丁寧で興味がそそられます。作品の周辺やその著者の他の作品の紹介など、余すことなくその魅力を伝えようという著者の気持ちが感じられます。
あの子のカーネーション 伊集院 静 914.6-1152 文芸春秋 1987
伊集院静さんの視点が好きだ。大人の優しさがある。人の悲しみとか苦しみを、肌で感じることができる数少ない作家の一人だ。本書は初のエッセイ集で、週刊文春の『二日酔い主義』に掲載された作品です。『藪入り』『甲子園・胸をはるエース』『たけしのグローブ』がお薦めです。
父のこと母のこと 日本エッセイスト・クラブ゙編 914.68-12 岩波書店 2004
社会の変化とともに移り変わる親子関係。これは日本エッセイスト・クラブ賞受賞作品から、子の視点で捉えた父と母の姿を描いた厳選27編が収載されています。
バビロンに帰る   スコット・フィッツジェラルド 930.2-670-2 中央公論社  1996
ロスト・ジェネレーション世代の代表作家の一人であるスコット・フィッツジェラルド。村上春樹が彼を評して、読後何年かして、あることをきっかけに感動が波のように広がってくる作家だといっていますが、私にとって『バビロンに帰る』はまさにその評どおりの作品です。
夏服を着た女たち アーウィン・ショー 933-172 講談社 1979
日曜日の朝、柔らかな陽に包まれたニューヨーク五番街を散歩するミドルの夫婦。久しぶりに二人の時間を過ごそうと妻はあれこれと計画するが、街を行く若い女性に対する夫の目が気になり・・・。ソフィスティケートされた男と女の機微を、軽快なタッチで描いた都会小説です。
キャッチャー・イン・ザ・ライ J.D.サリンジャー 933.7-45 白水社 2003
さあ、ホールデン・コールフィルドの声に耳を澄ませてください。J.D.サリンジャーの不朽の青春文学『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を村上春樹の新しい訳でお届けします。この小説の魅力は、自分だけが知っている自分と、ほんの少し会えることなのかも知れません。