「“昭和の日”記念資料展」協力:兵庫県立歴史博物館

趣旨:“昭和の日(4月29日)”は、国民の祝日に関する法律(祝日法)の一部改正により平成19年から追加されました。本年4月29日は第一回“昭和の日”にあたります。そこで、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という同法における定義・趣旨をふまえて、当館の所蔵資料を中心に展示する「“昭和の日”記念資料展」を、「昭和の暮らしを振りかえる」及び「ふるさと兵庫の移り変わり」の二つのテーマで開催します。


前期:平成19年4月1日(日)〜5月2日(水)※終了しました 
展示資料目録はコチラ(PDFファイル1025KB)

後期:平成19年5月18日(金)〜6月20日(水)※終了しました
展示資料目録はコチラ(PDFファイル470KB)


展示テーマと内容

前期:「昭和の暮らしを振りかえる」
(1)図書資料展示 
@昭和の大事件 
A戦争の時代から戦後の復興へ
B暮らしの移り変わり
C子どもたちの昭和
D映画とテレビからたどる昭和のスターたち
E昭和に花開いた伝説の雑誌たち

(2)特別展示
歴史博物館所蔵「入江コレクション」より昭和の子どもの読み物を展示 


展示テーマと内容

後期:「ふるさと兵庫の移り変わり」
(1)図書資料展示
@郷土の移り変わり
A神戸地域
B阪神地域
C播磨地域
D但馬地域
E丹波地域
F淡路地域

(2)特別展示
現物資料展示 郷土の懐かしい品々を展示


関連行事:「あなたの昭和をみつけましょう」→詳細はコチラ ※終了しました
前期:4月14日(土)、21日(土) 後期:6月2日(土)、16日(土)
図書館の資料やインターネットを使って参加者の昭和の思い出をみつける。