タイトルイメージ
本文へジャンプ

よくある質問についてまとめました


資料の利用に関すること

Q 県立図書館にはどんな本がありますか。明石市立図書館が隣にありますが、持っている本はどう違うのですか。
A 個別には、蔵書検索で調べることができます。基本的には市町立図書館と役割分担し県立図書館では市町立図書館を支援・協力するため、市町立図書館単独では収集困難な学術書・専門書等の収集に力を入れています。


Q 雑誌、新聞のリストは?
A こちらをご覧ください。


Q 全国の電話帳はありますか。
A 最新版のタウンページ・ハローページを揃えています。調査相談室でご利用ください。古いものは兵庫県内分のみ郷土資料室にあります。


Q 官報はありますか。
A 明治16年7月から昭和45年12月まではマイクロフィルムで所蔵しています。なお、昭和22年5月3日以降の官報は、オンラインデータベースでご覧いただけますのでカウンターでご相談ください。


Q 兵庫県公報はありますか。
A 明治23年4月から昭和40年まではマイクロフィルムで、それ以外は原紙で所蔵しています。昭和20年、21年分につきましては一部欠号がありますので、詳しいことは郷土資料室までお問い合わせください。なお、平成19年1月分以降の県公報は、兵庫県ホームページでも掲載されています。


Q 県内の市町が発行している出版物(広報誌・行政資料)は閲覧できますか。
A 県内の自治体が発行している出版物をはじめ、兵庫県に関する刊行物については、網羅的収集に努めています。これらの資料は、郷土資料室でご覧いただけます。


Q 住宅地図はありますか。
A 兵庫県全域の住宅地図については、昭和48年出版分から所蔵しています。詳しくは郷土資料室でご確認ください。他の都道府県のものについては、恐れ入りますが、それぞれの都道府県立図書館にお尋ね下さい。


Q インターネットは利用できますか。
A インターネットの利用できるパソコンが調査相談室に10台、郷土資料室に2台あります。カウンターでお申し出ください。


Q パソコンの持ち込みはできますか。
A 電源を提供できるパソコン優先席を8か所用意していますので、利用する旨カウンターにお申し出ください。なお、インターネットに接続することはできません。

先頭へ

複写に関すること


Q 図書館の本をコピーすることはできますか。
A 著作権法の範囲内で可能です。コイン式のセルフ複写機を置いていますが、コピーの範囲等を確認させていただきますので、カウンターにお申し出ください。


Q 1冊の本について、2部コピーすることはできますか。
A 1部ずつお願いします。図書館内での複写は、著作権法第31条第1号に「一人につき一部」と規定されています。


Q 新聞の記事をコピーしたいのですが。
A 郷土資料室で所蔵状況等を確認のうえ、ご請求下さい。
原紙・縮刷版・マイクロフィルムから著作権法の範囲内でしたら複写は可能です。


Q 図書館のコピー機で、自分のノートなどをコピーできないのはなぜですか。
A 図書館のコピー機は、図書館資料のコピーの提供を行うために設置しているものですので、それ以外の目的で使用することはできません。


Q 他の図書館から取り寄せてもらった本も、県立図書館でコピーできるのでしょうか。
A 貸出側図書館の貸与条件によります。複写可能な場合は当館に申し込んでください。


Q 県立図書館所蔵の本のコピーを郵便で届けてもらうことはできますか。
A できます。複写料金・送料等をお知らせいたしますので、事前に電話・文書・電子メールでお問い合わせください。


先頭へ

調査相談(レファレンス)に関すること

Q 調べもののお手伝いをしてもらえますか。
A 本のことや調べたいことなど何でもお気軽にお尋ねください。お調べしてお答えします。電話、メール、文書で受付しています。ただし、人生相談や法律、医療などの相談、宿題の答えなどはできません。


Q 調べたいことがあっても、どの本を見ればいいのかが分かりません。
A 司書が相談に来られた方のお話を聞きながら、適切な資料を一緒にお探しします。

                                                                                              
                                                                                                                                                                               先頭へ 
                                                                                                                                             

貸出に関すること

Q 兵庫県立図書館の本を借りたいのですが。
A @ 来館される場合<直接貸出>
利用登録をしてください。(運転免許証、健康保険証など住所・氏名の確認の確認できるものが必要です)利用カードを発行します。10冊まで3週間以内で貸出しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

A  来館できない方<協力貸出>
お近くの図書館に申し込んでいただく方法もあります。これは、その図書館で借りて、その図書館で返していただく方法です。
詳しくはこちらをご覧ください。

B <インターネット予約・貸出>
平成19年4月からインターネットを利用した本の予約、貸出が出来るようになりました。
詳しくはこちらをご覧ください。


Q 県立図書館で借りた本は県立図書館にしか返却できないのですか。
A あらかじめ借りるときにお申し出いただければ、返却できるお近くの図書館をお知らせします。


Q 借りた本を郵送等で返却したいのですが。
A 郵送等でもけっこうです。恐れ入りますが、傷まないように包装のうえ、確実な方法で返却してください。


Q 貸出を延長したいのですが。
A 当館での貸出、インターネット予約・貸出の場合は、ごめんどうでも一旦本を持ってご来館ください。他に予約された利用者がいなければ、返却扱いのうえ、もう一度借りていただけます。協力貸出としてお近くの図書館を窓口に借りられた本の場合は、延長できるかどうかその図書館でご相談ください。


Q 貸出中の本を予約することができますか。
A 窓口で用紙に記入し、予約してください。また、インターネット予約・貸出サービスを利用すると、館内の端末やインターネットから予約ができます。


Q 予約した本が準備できると連絡してもらえますか。
A 窓口でのお申込みであれば、その際ご記入いただいた電話番号でご連絡しますが、ご希望であれば、メールでのご連絡もしています。インターネット予約の場合はメールでご連絡します。


Q インターネット予約・貸出サービスを利用するのに必要なものを教えて下さい。
A 兵庫県立図書館利用カードとパスワードが必要です。窓口または郵送でお申込みください。


Q インターネット予約・貸出サービスにおける本の予約冊数と貸出冊数を教えてください。
A 予約冊数は1人10冊以内です。(窓口予約、携帯サイト予約、館内OPAC予約を含む)
貸出冊数も1人10冊以内です。(窓口貸出冊数分を含む)


Q インターネット予約をしたらどのような連絡をいただけますか。
A 本の予約をしていただくと、最初に「本の予約を受け付けました」という内容の確認メールを送信します。次に、予約の本を確保しましたら「本の用意ができました」という内容の案内メールを送信します。


Q インターネット予約で借りた本を市町立図書館の窓口へ返却した場合、どの時点で返却したことになりますか。
A 市町立図書館の窓口へ返された時点では、まだ機械上、返却手続は完了していません。その本が県立図書館へ届いて機械処理がされた時点で返却されたことになります。
貸出限度の10冊を借りられている場合は、機械処理された後でないと新たに借りることができません。


Q 借りた本のページが剥がれたり、破れたりしたときはどうすればいいですか?
A 本の修理は図書館で行いますので、セロハンテープで貼ったりせずに、そのまま持参して職員にそのことを伝えてください。


Q 借りた本を紛失してしまいました。
A 申し訳ありませんが、原則として同じ本を購入して弁償していただくことになります。同じ本が入手できない時には、別途ご相談させていただきます。


先頭へ

他館資料等

Q 他の図書館にある本を借りることができますか。
A 遠方の図書館から取り寄せることができますが、館内で見ていただくことになります。また、原則として、取り寄せ・返却の送料をご負担していただくことになります。


Q 県立図書館にない本のコピーを入手したいのですが。
A まず、ご希望の本を所蔵する図書館に対し、コピーの手続きをとらせていただきます。料金の支払方法や、受け取り方法は図書館によって違いますので、あらかじめご承知おきください。


Q 大学図書館の本を見たいのですが、紹介状が必要だと言われました。どうすればいいですか。
A 紹介状を作成しますので職員にお尋ねください。

                                                                               
先頭へ 

建物・施設に関すること

Q 調査相談室とはどういう部屋ですか。
A 一般的にいう閲覧室のことです。資料検索コーナーや、調べ物のお手伝いをするカウンターがあります。貸出、返却、コピーなどの手続きもこの部屋でお願いします。


Q 郷土資料室にはどのような本がありますか。
A 郷土資料室には,兵庫県の事物、事象、人物、団体等に関する本や雑誌を揃えています。また、新聞(マイクロフィルムを含む)や県内電話帳住宅地図などもあります。特別なコーナーとして、フェニックスライブラリー(阪神・淡路大震災関連資料)があります。


Q BDS(入り口の貸出確認ゲート)は体に影響ありませんか。
A 体への影響は少ないと考えられますが、心臓ペースメーカー等ご使用の場合はカウンター横の出入口を通っていただきますので、職員にその旨お伝えください。


Q BDSでブザーが鳴って呼び止められたのですが。
A 図書の貸出確認ゲートですので、申し訳ありませんが、お荷物の確認をさせていただくことがあります。誤作動の場合もあると思いますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。


Q 喫煙・飲食のできる場所はありますか。
A 館内は、全面的に禁煙となっております。建物周辺も周囲に配慮をお願いしているため、吸い殻入れは設置しておりません。また、飲食については、隣の明石市立図書館1階に喫茶店がございます。


Q 自習室はありますか。
A 当館の閲覧室は図書館資料をご覧いただくための席ですので、自習室は設けておりません。


Q ペットを連れて入れますか。
A 盲導犬、介助犬、聴導犬は同伴できますが、それ以外についてはご遠慮いただいております。


Q 車椅子を利用したいのですが、置いてありますか。
A 1階入口付近に、車椅子を1台常備していますので、ご自由にお使い下さい。また、2階の調査相談室、郷土資料室へはどなたでもエレベーターをご利用いただけます。


Q 授乳室はありますか。
A 専用の授乳室はありませんが、1階多目的トイレに多目的に使用できるベッドがありますので、おむつ換えや授乳にもご利用ください。


Q 車イスやオストメイトなどに対応したトイレはありますか。
A 県立図書館1階に車イス、介護ベッド対応トイレ、オストメイト対応設備、乳幼児いすなどを備えた誰もが使える多機能トイレを設置しています。


Q 駐車場はありますか。
A 図書館専用の駐車場ではありませんが、図書館のすぐ北側に明石公園の駐車場があります。駐車料金は平成23年4月より30分までは無料、5時間までは500円、5時間を超えるときは500円に1時間につき100円を加算した額(1000円を超える時は1000円)です。


Q 自転車やバイクを止める場所はありますか。
A 自転車駐輪場は明石市立図書館と共用で階段下に設けております。バイクは公園内走行禁止のため、必ず公園入口の仮置き場に止めてください。


先頭へ

その他

Q 本を寄贈したいのですが。
A 特に、兵庫県に関する本や句集・歌集等を出版された場合は、ご寄贈いただけましたら幸いです。また、出版の情報がありましたらお知らせください。

<連絡先> 兵庫県立図書館(078-918-3366・代) 資料課、または郷土資料室


Q 図書館で開催される行事(イベント、催し、講座等)を知りたいのですが。
A ホームページでお知らせしています。また、新聞やミニコミ誌に掲載されることもあります。


Q 図書館でボランティア活動ができますか。
A 図書館では、図書館業務の一部でボランティアの方々が活躍しています。業務内容は資料寄贈のための事務補助、書架の整理や新聞記事の収集などで、無報酬で活動されています。募集は毎年5月頃に行っております。ホームぺージ、館内掲示板等でお知らせいたします。


Q 司書資格を取ろうと通信教育で単位を取得中で、実習先の図書館を探しています。県立図書館では受け入れていただけるのですか。
A 期間などが調整できれば可能です。総務課までお問い合わせください。


Q 図書館や読書活動についての研修をお願いしたいのですが。
A 出前講座を設けております。団体、地域で20人程度受講される方がおられたら、図書館や読書活動に関する研修を実施いたします。研修場所の費用や会場までの交通費等は受講される機関のご負担となります。詳しくは協力課までお問い合わせください。


Q 休館日を教えてください。
A 毎週月曜日と毎月第3木曜日、特別整理期間(2週間以内)、年末年始(12月29日〜1月3日)です。



Q 個人情報の保護についてどうしていますか
A 利用登録の時に入手した個人情報は利用者の予約、督促など図書館利用以外には使用しません。有効期限の切れた後は、個人データを削除しています。また、貸出した本のデータは返却された時点で消えるシステムになっています。


先頭へ

先頭へ